脱毛って痛いのか徹底的に調べてみた件

脱毛が痛いってホントなのか調べてみたよ☆

ほとんどの人が痛みを感じるひげ脱毛

2015年8月30日 by 脱毛女神ちゃん☆ | No Comments | Filed in 脱毛

ファッションとしてヒゲを生やしている人、女性もヒゲのある男性を魅力的に思う人もいるのではないでしょうか。それでも人と頻繁に会う仕事をしている男性にとってはやはりヒゲが生えていると印象がよいとは言えないもの。またヒゲをカミソリやシェーバーを使って自己処理を重ねると肌トラブルを起こしやすい場所でもあります。メンズエステでは女性用のエステと同様に「脱毛」が行われている所が多く、ヒゲも脱毛できるので人気があります。男性のヒゲは他の部位よりも太い毛が密集していて毛根が皮膚の深い位置にあり、また顔は皮膚が薄い場所です。皮膚が薄いということはそれだけ肌が敏感で痛みを強くさせる原因となるのは想像できると思います。ヒゲだけではなく、脇やVIOラインも同様です。ヒゲ脱毛の痛みについて「ゴムで弾いた痛み」「毛抜きを使った時より痛い」など様々な表現がされています。言うまでもなくヒゲの量や肌の色は人それぞれ、量が多くて肌色が濃い人、また乾燥肌など肌が弱い人ほど痛みを伴うことが多いです。病院の脱毛なら麻酔を使うことができますが、それでも痛みを感じることはあるようです。ちなみに主に病院で行われている「ニードル脱毛」は最も効果が高いのでヒゲには最適な脱毛方法ですが、痛みも最も強いです。脱毛でヒゲなくすことができれば毎日の自己処理の面倒さや悩まされていた肌トラブルからも解放されます。ヒゲ脱毛を検討している人は費用や痛み、効果から自分にあった方法をみつけたいです。

Tags: , , , , , ,

体の中で最も痛いと感じるVIO脱毛

2015年8月28日 by 脱毛女神ちゃん☆ | No Comments | Filed in 脱毛

女性にとってVIOラインにムダ毛があると下着や水着からはみ出してしまい「みっともないな」と感じる人は多いのでは?また女性は生理の経血や尿などでVIOラインが蒸れてかゆみやかぶれなどの肌トラブルを起こすことがあります。そんな時に脱毛サロンや病院ではVIOラインの脱毛を行っていて脇に続いて人気がある場所です。一方でVIOラインは毛根が皮膚の深い場所にあること、そして皮膚が薄くてデリケートな場所であることから脱毛をする際には痛みを伴います。口コミを見ると痛みがほとんどないと言われている光脱毛でも「Iラインの脱毛が痛すぎて我慢できなかった」というものを見かけます。病院であれば麻酔で軽減させることもできますが、やはりそれでも痛みを感じることは多いです。つまり痛みを我慢して(麻酔を使って軽減させて)でも徹底的にVIOラインのムダ毛を無くしたい人には病院でのレーザー脱毛がおすすめで、痛みに弱い人や費用を抑えたい人にはエステでの光脱毛がおすすめです。ちなみに「VIO脱毛をしたいけど恥ずかしいし、どのようにしたらよいか分からない」という人もいると思います。例えば病院の場合は最初に男性医師が診察する場合はあります。しかしほとんどの病院で施術は資格を持った看護師が行います。そしてエステはほとんどが女性スタッフばかりです。また自己処理の方法が分からない場合は最初に説明してくれるはずで、ツルツルにする必要はなければ「自然な形で」など自分の希望をぜひ伝えましょう。私も吉祥寺 脱毛サロンを色々と回っているときにゲットしたコツなのでみんなも一度試してみてね♪

Tags: , , , ,

最も効果は高いけど痛みも強い針脱毛

2015年8月26日 by 脱毛女神ちゃん☆ | No Comments | Filed in 脱毛

病院か一部の脱毛サロンで「針脱毛(“美容電気脱毛”など様々な名前があります)」が行われています。ムダ毛が気になる部分の毛穴一つずつに個人専用の針を刺して微弱な電流を流すことで毛を作る組織を破壊する仕組みです。他の脱毛方法と比べてとにかく「痛い!」、毛穴一つに針を刺して電流を流すたった5秒前後の時間も毛穴はいくつもあるのでかなり苦痛になるようです。しかし病院であれば麻酔をして痛みを軽減させることができます。(口コミでは「麻酔をしたのに痛かった」というものもみかけますが・・・)それでも毛穴一つずつに徹底的に処理できることから、他の脱毛方法と比べて最も高い効果が期待できる脱毛方法です。エステの光脱毛では処理しにくいこともある産毛のような細い毛でも剛毛でもどのような毛質でも処理でき、またツルツルにする必要がなくヒゲや眉毛のようにデザイン性を持たせて処理したい、いわゆる「間引き脱毛」には適した方法です。一方でその方法からとにかく時間がかかり、多くの病院では「10分5,000円など」時間単位で費用を設定しています。言うまでもなく10分ではそれほど広い場所を施術できるわけではなく、針脱毛は広い場所の施術を希望するとかなりの時間と費用がかかって不向きです。施術料金だけでなく、検査代、針代、施術後の軟膏代などの料金がかかることもあります。このようなデメリットから現在では施術を行っている所が少なく、脱毛サロンで行う場合は麻酔ができないのでかなりの覚悟が必要です。また針脱毛を行っていても「ヒゲは処理できない」など部位が限定されていることもあるので事前に確認しましょう。

Tags: , , , , , ,

痛みはあるけど安心、レーザー脱毛

2015年8月24日 by 脱毛女神ちゃん☆ | No Comments | Filed in 脱毛

病院では主に「レーザー脱毛」が行われています。よく比較される脱毛サロンの「光脱毛」と仕組みはほぼ同じで、黒色のメラニンに対して反応するレーザーを照射することで毛を作る組織を破壊する仕組みです。しかし使われるレーザーのパワーがとにかく強い!同じ部位でも光脱毛よりも早く高い効果を得ることができ、レーザー脱毛をはじめとして病院で行う医療脱毛を法律でも「永久脱毛」と規定しています。レーザー脱毛には早く徹底的にムダ毛をなくしたい場所にはおすすめの脱毛方法なのです。一方でレーザー脱毛はそのパワーの強さから実は光脱毛よりも「痛い」のがデメリットです。レーザーをお肌に照射することで熱のエネルギーに変わった時にほんの一瞬だけ痛み(実際には熱さ)を感じます。パワーが強いということはそれだけ痛みも強いということで、毛の量が多い場所や皮膚の薄い場所、つまり脇やVIOラインなどは特に痛みを感じる人が多いです。レーザー脱毛の痛みについて「輪ゴムで弾く程度」と例えられることがありますが、この程度ではなく、口コミを見ると「私には痛みが耐えられなくて途中で諦めた」というものから「痛かったけど耐えた」というものまでみかけます。そんな痛みが不安な人でも病院なら麻酔で痛みを軽減させることができるのができます。麻酔は注射のタイプや吸うタイプ(笑気麻酔)の所があり、注射が苦手な人でも大丈夫です。そして最初は痛くても回数を重ねてムダ毛の量が減っていくうちに痛みも慣れてくるはずです。また最近では痛みをかなり抑えた機械を導入している所が増えています。とにかく痛みに弱い人はまずは事前のカウンセリングでぜひ相談してみてください。

Tags: , , , ,

光脱毛でも痛みの可能性はアリ

2015年8月21日 by 脱毛女神ちゃん☆ | No Comments | Filed in 脱毛

「私はちょっとした痛みでも苦手!」という人がいるのではないでしょうか。脱毛サロンで主に行われている光脱毛は病院で行われている他の脱毛方法よりはお肌に優しいので痛みを感じることはほとんどありません。それでもムダ毛の量が多い場所、お肌が薄い場所、デリケートな場所、つまり顔の産毛やVIOラインなどは痛みに弱い人ほど痛みを感じることがあるのです。ちなみに光脱毛で痛みを感じる理由は黒色のメラニン色素に反応する光を照射すると熱のエネルギーに変わります。ほんの一瞬でも熱があたることで痛み(正式には熱さ)を感じるのです。そんな痛みに弱い人には朗報です!光脱毛と言っても実はエステによって様々な機械が導入されていて痛みをほとんど感じない機械を使っている所もあるのです。例えば光脱毛の一種で「SSC脱毛」があります。新しく毛が生えてくることを制御する成分や美肌効果が期待できる成分含まれたジェルを塗って光を照射することで成分が毛穴に浸透していき、次第に毛が生えてこなくなります。脱毛というよりは「制毛」と言った方がいいかもしれません。ただしこのような機械は普通の光脱毛機よりも効果が出るまでに時間がかかる可能性があります。早く効果を出したい人などはカウンセリングで確認することが重要です。脱毛サロンのホームページを見ればどのような機械が導入されているか調べることができます。もし分からなければ電話やカウンセリングの際に聞いてみてもいいかもしれません。また多くの脱毛サロンではお試しをできる所があるので事前に試してみて「私には耐えられない!」と思ったら契約しなくてもいいのです。光脱毛で万が一最初に痛みを感じてもムダ毛の量が減っていけば痛みが治まってくる(慣れてしまう)のでお試しでぜひ痛みを確認してみてください。

Tags: , , , ,

ワックス脱毛には痛みがあります。でも次第に慣れるはず。

2015年8月20日 by 脱毛女神ちゃん☆ | No Comments | Filed in 脱毛

ドラッグストアやバラエティーショップ、インターネットの通信販売などで脱毛用のワックスが販売されているのを目にします。商品によって使い方に多少の違いはありますが、主にムダ毛が気になる部分にとろみのあるワックスをヘラでぬってしばらく時間を置き、付属のテープを貼って一気に剥がすことでワックスと一緒にムダ毛が抜ける仕組みです。私達の体に生えている毛の1本ずつには周期があり、成長期→退行期→休止期の1つのサイクルを最大で6年かけ新しく生えて成長し、自然に抜け落ちます。ワックス脱毛は成長期と退行期の肌の上に見えている毛に対して効果を表します。ワックス脱毛ならいつでも好きな時に自己処理ができるのがメリットで、一部の脱毛サロンでも行われている所があります。またVIOラインのムダ毛処理専用の「ブラジリアンワックス」も販売されています。ちなみにワックス脱毛の方法から「痛み」を想像する人は多いと思いますが、確かに痛いです。しかし毛の生えている向きに逆らってテープを一気に剥がせば痛みも一瞬で、むしろ痛みを恐れてゆっくり剥がすと効果がないだけでなく痛みもひどくなります。そして回数を重ねるうちに次第に痛みも慣れてくると言われています。ただしVIOラインはムダ毛の生えている方法がまちまちなので少しずつ施術した方がよいでしょう。またムダ毛が長く生えていると十分に効果を得られないので先にハサミなどで切っておく必要があります。更に生理中や体調の悪い人、乾燥肌やアトピー肌などお肌が弱い人は痛みを感じやすく、後で赤みなどのトラブルの可能性もありますので利用しない方がよいでしょう。

Tags: , , , , , , ,

ソイエを使って自分で脱毛するとどらくらい痛むの?

2015年8月16日 by 脱毛女神ちゃん☆ | No Comments | Filed in 脱毛

パナソニックから販売されている女性向け家庭用脱毛器の「ソイエ」には脱毛サロンと同じ「光脱毛タイプ」と泡をつけて毛根から毛を抜く「泡脱毛タイプ」の2種類が販売されています。気になるソイエを使った時の痛みについて口コミが多く寄せられています。光脱毛タイプの光のパワーはムダ毛の量に合わせて5段階に調節できます。脱毛サロンと同じ仕組みなので最初は痛みを感じる人が多いようですが「レベルを1段階落としたら痛みが和らいだ」「何度か使ううちに慣れた」という口コミをいくつか見かけます。また泡脱毛タイプは機械から泡が出てお肌を潤わせることで、ムダ毛を毛根から引き抜くことができますが、この方法を聞くだけでも痛みが想像できます。口コミを見てもやはり「痛かった」と感じている人が多いようですが、現在販売されている最新機種は泡が出るようになったため、旧型(泡が出ない)よりもかなり痛みを軽減させているようです。実際に長期に渡ってソイエを使っている人は「新型を買ったら痛みを感じなかった」と言う口コミをいくつか見かけます。ちなみにソイエは部位によって最初は週に1回程度は使わなければなりません。またソイエは家庭用脱毛機なので永久脱毛の効果はなく、使用を中止するとまたムダ毛が生えてくる可能性は高いです。更に光脱毛タイプの方は脱毛サロンの光脱毛と同様の仕組みなので日焼けをしている肌や色の濃いホクロのある肌に使用すると光が反応して後で火傷のような状態になる可能性があります。日焼けをしないように日頃からケアすること、またホクロがある場合はテープで隠すなどして使った方がよいでしょう。

Tags: , , , , , , ,